新ブランド『Otsuka』

2016年9月販売開始の新ブランド「Otsuka」

今回は「ハッシュパピー」ではなく、2016年9月に販売開始されたばかりの新ブランド「Otsuka」をご紹介いたします。

otsuka-yokohama-made

「Otsuka」は、「ハッシュパピー」の国内での製造・販売を行っている大塚製靴が新たに立ち上げたビジネスシューズブランドです。

kutsukata

大塚製靴公式サイト「Otsuka」より引用

「Otsuka」の特徴

  1. 立体的に足を支える中底の構造
  2. 厳選されたヨーロッパ原皮のみを使用
  3. 最新型オリジナル軽量ソール
  4. 大塚製靴「横浜工場」製造
1.立体的に足を支える中底の構造

このブランドの最大の特徴は、その木型・中底にあります。

大塚製靴公式サイト「Otsuka」より引用

「Otsuka」の木型は通常のものとは違い、より足の形に近い丸みを帯びた形状のものとなっています。中底もそれにあわせて、↑の様にカカト部が凹んだ形状となっていますので、抜群のホールド感と安定性を実現しています。カカト部のくぼみは、中底の下に配置された練りコルクによって作り出されていて、履きこむうちに更に足になじむつくりになっています。

革の中底自体も足触りが良く、吸放湿性に優れていますので、靴の中の快適性を高めてくれます。

 

2.厳選されたヨーロッパ原皮のみを使用

wp-1475381557781_editedきめの細かいヨーロッパ原皮の牛スムースをアッパーに使っています。しっとりとした質感で、足なじみも良いです。つま先の仕上げも素材感にマッチしています。

 

3.最新型オリジナル軽量ソール

Otsukaオリジナルのハイブリットソールは抜群に軽く、最新機能を搭載した設計になっています。フレックスゾーンの独自形状で屈曲性が高く、中央部に配合しているセラミック樹脂は、濡れた路面でもしっかりグリップを発揮してくれます。独特のクッション感は、ぜひ一度お試しいただきたいです。

 

4.大塚製靴「横浜工場」製造

大塚製靴の「横浜工場」は、数々の受賞歴のある職人を有する工場で、グッドイヤー製法や手縫い・オーダーメイドでの靴づくりなど高い技術力をもっています。大塚製靴自体は、明治5年創業の日本最古の靴メーカーの一つです。

外部サイト:はまれぽ.com「大塚製靴のことをもっと知りたい!

 

 

当店では、10種類扱っています(5デザイン×2カラー)

OT-1000:内羽根ストレートチップ

一足はもっておきたい、ビジネスにもフォーマルにも使えるデザイン

 

OT-1002:外羽根プレーントウ

つま先に何もデザインがないのがデザイン

dsc_0504_edited

 

OT-1100:内羽根ウイングチップ

クラシックな雰囲気で、いつもと違う印象に

wp-1475567584518_edited

 

OT-1102:モンクストラップ

※まだ、ダークブラウンは入荷していません。

dsc_0510_edited

 

OT-1201:ローファー

ヒモがないから着脱しやすい

dsc_0516_edited

 

商品詳細(共通)

アッパー牛スムース
中底立体型牛中底
ソールハイブリッドソール(モールドソール)
製法セメンテッド製法
取り扱いカラークロ・ダークブラウン
取り扱いサイズ24.5~26.5 EEE
価格¥24,000+税